オイリー(脂性)肌におすすめの化粧水は?

オイリー(脂性)肌で すぐにメイクがテカる、いつも脂ギッシュで困る!

 

そんなオイリー(脂性)肌にはさっぱりめの化粧水で しっかりと保湿をすることが重要です。

 

オイリーだから、何をつけてもお肌がすぐにテカるという方こそ 、オイリー肌の方でも使いやすいさっぱりした使用感の化粧水でのケアがおすすめ。

 

当サイトでは オイリー肌の方から人気の化粧水をランキング形式でご紹介しています。

 

 

 

オイリー(脂性)肌なら化粧水ケアがおすすめ!

 

オイリー(脂性)肌,化粧水,ランキング,おすすめ

 

何をつけてもお肌がテカる!

 

すぐにメイクが崩れる!

 

そんな方は、実はオイリー肌なのではなく、隠れ乾燥肌かもしれません。

 

乾燥肌?まさか!

 

と思うかもしれませんが、過剰な洗顔や エアコンなどで気がつかないうちに乾燥肌になっている方が多いのです。

 

 

お肌は 水分が不足してしまうと 皮脂がどんどん出てくる習性があります。

 

これは何故かといいますと、お肌は 残された水分がこれ以上減ることがないように、皮脂を出して毛穴にフタをすることで守ろうとするためです。

 

ですので、すぐに脂ギッシュになるからと 化粧水を少ししかつけなかったりするのはNGです。

 

オイリーなお肌こそ、化粧水をたっぷり含ませましょう。

 

水分が十分に足りてくると 過剰な皮脂に悩むこともなくなってきますし、毛穴も自然に閉じてきます。

 

お肌がオイリーで困るという方だけでなく 大人ニキビが出来やすい方も化粧水での保湿を見直してみましょう。

 

 

オイリー(脂性)肌におすすめの化粧水の条件とは?

 

オイリー肌化粧水ランキング

 

オイリー肌対策におすすめの化粧水の条件とはどんなものがあるでしょうか?

 

オイリー肌改善のために必要なのは化粧水での保湿。

 

できるだけ化粧水をたっぷりと使って保湿をすることがおすすめです。

 

でも すぐにテカってしまう、いつもあぶら浮きしているというオイリーなお肌の方は、何かをたっぷり付けるということに抵抗があるかもしれません。

 

化粧水にも 様々な種類のものがあります。

 

オイリー肌の方におすすめの化粧水の条件をまとめてみました。

 

 

オイリー肌にはベタつきにくい化粧水がおすすめ

 

オイリー肌は ただでさえ皮脂が出やすい状況になっています。

 

ですので オイルフリーでさっぱりとした使用感の化粧水がおすすめです。

 

乾燥肌向けに作られている化粧水は しっとり感が得やすい作りとなっており、たっぷりお肌にのせるとオイリー肌の方には重く感じるものが多くなっています。

 

オイリー肌を改善しようと思ったら、まずは さっぱりとした使用感の化粧水を選ぶことが最低条件です。

 

一つの化粧水でも さっぱりタイプとしっとりタイプと 種類がいくつかある場合があります。

 

このような場合は、まずはさっぱりタイプを使って保湿をしっかり行ってみましょう。

 

 

オイリー肌には 保湿がしっかりとできる化粧水を

 

オイリー肌対策には さっぱりした化粧水がおすすめですが、さっぱりしているだけでなく お肌の奥までしっかりと保湿してくれるものを選びましょう。

 

これはお肌の奥が乾燥していると 皮脂分泌が過剰になりやすいため。

 

ですので 潤いがしっかりとお肌にしみこむ化粧水を選ぶ必要があります。

 

保湿というと ベタつきそう!と思うかもしれませんが ランキングなどで人気の化粧水はさっぱりしていて保湿もできるものがほとんどですので参考にしてみて下さいね。

 

 

オイリー(脂性)肌化粧水でニキビのケアも

 

オイリー(脂性)肌対策に活用できる化粧水には、ニキビケアもできるタイプの化粧水も多くあります。

 

大人ニキビケア用の化粧水でしたら お肌にさっぱりと使えて しっかりと保湿をしながら ニキビ対策ができます。

 

できてしまったニキビだけでなく、使い続けることで 周期的にできやすいニキビの予防にもなる化粧水もあります。

 

テカりやすくて ニキビができやすいという方は 特にこのようなタイプの化粧水がおすすめです。

 

詳しくは当サイト内 オイリー肌とニキビ をご参照下さい。

 

 

オイリー肌化粧水でメイクのテカリ防止

 

オイリー(脂性)肌,化粧水,ランキング,おすすめ

 

オイリー肌だと メイクがテカったり 崩れやすくなりますね。

 

オイリー肌だからとあきらめたりする前に 化粧水での保湿ケアを心がけましょう。

 

オイリー気味でも お肌の内側が乾燥し 保湿が足りていない場合が多くあります。

 

ですので、洗顔の後に 化粧水でしっかりと潤いを与えることが重要になってきます。

 

さっぱりした感触で しっかりと保湿ができるタイプの化粧水をたっぷり使ったケアをしてゆきましょう。

 

時間がある時におすすめなのがローションパックを使った保湿ケア。

 

空気が乾燥する時期には保湿、春夏の気温が高めの時期には お肌をひんやりとクールダウンさせてくれるのでオイリー肌対策としてぴったりです。

 

また、ファンデーションなどにオイル分が多く配合されていると どうしてもオイリー肌には重くなってしまいます。

 

できるだけオイルフリーのものを使うように心がけましょう。

 

詳しくは当サイト内 オイリー肌とメイク をご参照下さい。

 

 

男性のオイリー(脂性)肌にも化粧水でのケアがおすすめ

 

オイリー肌は男性も女性と同じように お肌の保湿不足で起こります。

 

ですので、女性のケアと同様に サッパリした使い心地の化粧水でしっかりとした保湿ケアがおすすめです。

 

男性のオイリー肌対策には メンズのスキンケア製品などでも 顔拭きシートや洗顔料などがありますが、皮脂を過剰に取るだけで保湿をしないケアでは さらにお肌から水分が蒸発するだけという悪循環になりがちです。

 

また、清涼感を出すためのメントール配合の化粧水などは お肌に刺激となりやすいので注意が必要です。

 

まずは ランキングで上位の化粧水でしっかりと保湿からはじめることをおすすめします。

 

詳しくは当サイト内 男性のオイリー肌も化粧水でケア をご参照下さい。

 

オイリー(脂性)肌なら化粧水だけでなくスキンケアを見直そう

 

ベタつきやすいオイリー肌、実は間違えたスキンケア方法がオイリー肌を悪化させていることも。

 

化粧水だけでなく、あなたのスキンケア方法全体を見直してみましょう。

 

 

オイリー肌と洗顔

 

オイリー(脂性)肌,化粧水,ランキング,おすすめ

 

オイリー肌ですと さっぱりと洗いあがる洗顔料が好きという方も多いと思います。

 

すっきりと皮脂が落ちて気持ちがよい、と思って使い続けている洗顔料が 実はお肌にとって最低限必要な皮脂まで奪い取っていることも。

 

過剰に皮脂を失ったお肌は 自らを守るために皮脂をどんどん出してしまうのです。

 

オイリーだから ガシガシ洗顔、というのは実は悪循環なのですね。

 

ですので おすすめは 毛穴の汚れまでしっかり落として潤いを残す洗顔料。

 

サッパリ洗顔に慣れた方にとっては はじめのうちは洗い上がり感に違和感があるかもしれませんが、潤いが残っているくらいがオイリー肌にはちょうど良いのです。

 

そして洗顔後にはすぐに化粧水で保湿ケアをするようにしましょう。

 

 

オイリー肌と収れん化粧水

 

オイリー(脂性)肌,化粧水,ランキング,おすすめ

 

オイリー肌には収れん化粧水がおすすめ、という話を聞いたことがありませんか?

 

収れん化粧水は 普通の化粧水とは違います。

 

普通の化粧水がお肌の保湿目的なら、収れん化粧水は 文字とおりお肌の収れん、引き締めることが目的の化粧水となります。

 

使い心地がかなりサッパリしているので オイリー肌の方にとって使いやすいのも特徴です。

 

ですが、収れん化粧水は順番を間違えずに使う必要があります。

 

普通の化粧水や美容液でのケアをして 最後にコットンなどを使って軽くお肌になじませるのです。

 

さっぱりしているから、ということで収れん化粧水を普通の化粧水の代わりに使ってしまうのはNG。

 

お肌の保湿が不足してしまい、余計に皮脂が出てくる原因になってしまいます。

 

オイリー肌は まずは さっぱりめの通常の化粧水でしっかり保湿するのが基本のケア。

 

その上で 夏場のプラスアルファのケアとして収れん化粧水を使うようにしましょう。

 

 

オイリー肌とメイク直し

 

オイリー肌の場合 メイクの脂浮きやメイク崩れがとても気になるということが多いでしょう。

 

こまめにメイク直しをしているという方の場合、そのメイク直しの方法がお肌をさらにオイリーにしているかもしれません。

 

あぶら浮きが気になるからあぶら取り紙が手放せないわ!という方もいらっしゃるでしょう。

 

ですが あぶら取り紙は お肌にとって余分な皮脂だけでなく最小限必要な皮脂まで奪ってしまうことも。

 

また、あぶら取り紙は お肌の水分も同時に取り去ってしまいます。

 

急に皮脂と水分が減ったお肌は 皮脂を過剰に分泌しはじめます。

 

ですので メイク直しの際にはあぶら取り紙を使わずにティッシュを軽く押さえて皮脂をオフする程度にしましょう。

 

また、ファンデーションを付け直す前に 化粧水をかるくつけて保湿をすることも効果的です。

 

化粧水をミスト状に使える容器などに入れて持ち歩くと このような時にとても便利ですよ。

 

 

 

オイリー肌とメイク落とし

 

オイリー(脂性)肌,化粧水,ランキング,おすすめ

 

メイクを落とすと 今日も一日終わった、と安心する方も多いのではないでしょうか。

 

そのメイク落としですが、さまざまなクレンジングがありますね。

 

オイルやミルク、ジェルなどさまざまです。

 

メイク落ちで人気のオイルタイプですが、オイリー肌の方は避けるほうがよいでしょう。

 

オイル配合のものは 毛穴の開きなどの原因になりやすく、皮脂が出やすい状態のお肌にはおすすめできません。

 

ジェルタイプで水で洗い流すタイプのものがよいでしょう。

 

最近では美容液成分を配合されたノンオイルのクレンジングなどもあり、保湿効果も期待できるとあり人気になっています。

 

こういったクレンジングでメイク落としをすることをおすすめします。

 

 

オイリー(脂性)肌なら日常生活にも注意を

 

オイリー肌は 間違えたスキンケアだけでなく、食事や生活習慣なども深くかかわってきます。

 

毎日の生活を見直すこともオイリー肌対策に有効ですので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

オイリー肌なら食事にも気をつけましょう

 

オイリー肌化粧水ランキング

 

オイリー肌で困っているという方なら、揚げ物を沢山食べたら余計に脂ギッシュになった、という経験もあると思います。

 

それほど 食べ物がお肌に与える影響は大きいのですよね。

 

揚げ物は控えめに、そしてジャンクフードは避ける食生活に切り替えましょう。

 

インスタント食品やファストフード食が多いという方は 栄養バランスの乱れがお肌のコンディションを悪化させている可能性があります。

 

お肌には きちんとした栄養が必要です。

 

サプリだけに頼るようなことはせずに、普段の食事からも取るようにしましょう。

 

お野菜多めでバランスのよい食事を心がけましょう。

 

ビタミンCには皮脂を抑える効果があると言われています。

 

デザートには油脂の多いケーキよりはフルーツにするほうが お肌のためになります。

 

お肌に負担にならない食べ方をすることで皮脂コントロールしやすくなるだけでなく、キメの整ったお肌を目指すことができます。

 

 

オイリー肌は睡眠不足やストレスも原因に?

 

オイリー肌化粧水

 

多忙な方にとって睡眠不足や、仕事や家事でのストレスはつきものですね。

 

仕方がない・・・と思ってそのままでいると オイリー肌の原因になってしまいます。

 

というのも、体や心の疲労は 自律神経を乱してしまいがちです。

 

そしてホルモンバランスが崩れてしまい、皮脂が出やすくなってしまうのです。

 

ですので 出来る限り 心身のストレスは遠ざけたいものですが、なかなかそうもゆきませんよね。

 

夜更かしする習慣がある方は 少しでも早くベッドに入るようにしてみましょう。

 

また、日ごろ精神的なストレスを感じてる方は オフの日に軽い運動をしたり、趣味の時間を持つようにするなどの工夫をしてみましょう。